エッセイ:

ギターや音楽に関するエッセイ。

ギターリスト、レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサと詩人、フェデリコ・ガルシーア・ロルカは1920年3月に 「レシデンシア・デ・エストゥディアンテス」で知り合いました。1936年にロルカが亡くなるまで16年間続いた二人の芸術家の友情は、…

モンポウはフランスの作曲家達に強い影響を受けましたが、単に印象派の伝統を引き継いだり、その当時の潮流であったストラヴィンスキーやシェーンベルクなどの新しい傾向に加わる代わりに音楽史の最も原点に回帰する事を選択しました。モンポウはこれを「…

ある伝説によると、曲名のアデリータとはスペインの王、アルフォンソ12世の内縁の娘、アデーラ・アイメリチに由来しているそうです。タレガはフレデリック・ショパンによって確立されたロマン派のマズルカ様式を踏襲し、…

「ラグリマ」とはスペイン語で「涙」を意味します。一説によると、この「ラグリマ(涙)」はタレガの娘、コンチータの死に由来するそうです。1891年12月、タレガはマジョルカでの演奏旅行を終えて帰宅した際、妻(マリア・ホセ・リソ)…

エルナンデス・イ・アグアドはスペインのマドリッドにある歴史的ギター製作工房の一つで、エルナンデスとアグアドという二人の職人がお互いに協力してギターを製作していました。1895年に、スペインのトレド近郊の村に生まれたサンティアゴ・マヌエル・…

「ヘネラシオン・デル・27(27年世代) 」はとても興味深い近代スペインの文化運動で、レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサも多大な貢献をしました。このエッセイ(とその続き)はマエストロ・レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサと「ヘネラシオン・…