アンヘル・バリオス:アルハンブラの小川:トナディージャ

アートワーク(フロント)
Kazu Suwa Adivinanza de la Guitarra (KSR002)

概要

アルバム 「アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ(トラック #24)」より

バリオスが最後に作曲した曲で、幼少期の思い出やアルハンブラの至る所で耳にすることができる水の音に インスピレーションを受けています。

解説: イスマエル・ラモス

作曲家

アンヘル・バリオス

関連サンプル

アルハンブラの小川:エボカシオン

アンヘル・バリオス(1882年1月4日、グラナダ-1964年11月26日、マリッド)作曲、アルハンブラの小川よりエボカシオンの試聴。アルバム「Adivinanza de la guitarra (アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ」より(トラック #23)。

エロイサ

アンヘル・バリオス作曲「エロイサ」の試聴。早くして亡くなってしまった姉の「エロイサ」に捧げられ、「メロディー」というニックネームがついています。姉に捧げるニ短調の讃歌です。

カディスからハバナへ

アンヘル・バリオス(1882年1月4日、グラナダ-1964年11月26日、マリッド)作曲、カディスからハバナへの試聴。アルバム「Adivinanza de la guitarra (アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ」より(トラック #19)。

クリスティニージャ(パバーナ)

アンヘル・バリオス(1882年1月4日、グラナダ-1964年11月26日、マリッド)作曲、クリスティニージャの試聴。アルバム「Adivinanza de la guitarra (アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ」より(トラック #17)。

グラナダの庭

アンヘル・バリオス(1882年1月4日、グラナダ-1964年11月26日、マリッド)作曲、グラナダの庭の試聴。アルバム「Adivinanza de la guitarra (アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ」より(トラック #21)。

グラナダの花

アンヘル・バリオス作曲「グラナダの花」はフラメンコを学ぶ為に作曲された別の一例です。一種の「グラナディーナス」で演奏家にかなりの技術レベルを要求します。