フェルナンド・ソル:幻想曲第6番作品21『別れ』

アートワーク(フロント)
Kazu Suwa Guiar Recital (KSR001) Artwork Front

概要

フェルナンド・ソル作曲、幻想曲第6番作品21『別れ』の試聴。アルバム「Kazu Suwa(諏訪和慶)ギター・リサイタル」より(トラック #17)。

作曲家

フェルナンド・ソル

関連サンプル

「もしも私がシダだったら」による序奏 と変奏曲 作品26

フェルナンド・ソル(バルセローナ、1778年ーパリ、1839年)の音楽はギターの国際的・コスモポリタン な側面を象徴しています。ウイーン古典様式の優美さ、イタリアのオペラの美しい簡潔さ、ドイツ・ロマン派の 叙情的な表現をソルは芸術的な活気に溢れるパリで吸収・反映させ、ギターを国や文化の壁を超越する領域まで高めました。