製作家

クラシック・ギター製作家インタビュー:ヤロスラフ・マッハ(オランダ)

クラシック・ギター製作家インタビュー:ヤロスラフ・マッハ(オランダ)
今回のギター工房インタビューはオランダのヤロスラフ・マッハさんです。オランダにて1975年にギター製作業を始めました。1990年には人生の他の挑戦を求めてギター製作を止めましたが2010年から再び少数のギター...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:ゲイリー・サウスウェル(イギリス)

クラシック・ギター製作家インタビュー:ゲイリー・サウスウェル(イギリス)
今回のギター工房インタビューはイギリスのゲイリー・サウスウェルさんです。私は1978年に父の家具製作工房でギター製作を始めました。私はかつて、そして現在も熱心なギタリストで芸術家です。1980年にロンドン・コリッジ・オブ・ファーニチャー(訳者注:現シティー・オブ・ロンドン・ポリテクニック...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:エンリコ・ボッテーリ(イタリア)

クラシック・ギター製作家:エンリコ・ボッテーリ(イタリア)
今回のギター工房インタビューはイタリア、ヴォゲーラのエンリコ・ボッテーリさんです。1980年にカリフォルニアの有名な製作家アーヴィン・ソモギに師事してスティール・ギター製作を始めました。1987年にクラシックギターに転向し...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:ロジャー・ウィリアムズ(イギリス)

面白い事に、私が最初のギターを製作する事を決意したのは金欠病だったからです!私は20代中頃でデイヴィ・グレアムやバート・ヤンシュ等のフィンガー・スタイル奏者の音楽に夢中でした。この時より何年も前、丁度私が12歳頃にスティール弦のギターを与えられ、最終的には「フラマス(訳者注:Framus:1946年から1975年まで操業していたドイツの最大の弦楽器メーカー)」と物々交換したのですが...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:サモ・サリ(スロベニア)

クラシック・ギター製作家インタビュー:サモ・サリ(スロベニア)
全ては私が学生の時にギターを学ぼうと決心した事に遡ります。私のギターを演奏する事に対する情熱は抑えられないものでした。近所の音楽学校で9年間に渡るギター・コースを修了するよう刺激を与えてくれた最高の先生に師事出来た事はとても幸運でした。私の人生のこの時期には、リュブリャナにある機械工学学部で...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:ロドニー・ステダル(ニュージーランド)

クラシック・ギター製作家:ロドニー・ステダル(ニュージーランド)
私は常に技芸家でした。私の高校生時代にはサンダルや鞄、その他注文による様々な革細工のビジネスを営んでいました。1998年に本を参考に私の初めてのギターを製作しました。南アフリカに住んでいる時にお互いに技術や知識の共有をモットーとした南アフリカ製作家商業団体を始めました。年に一度、講習会や著名なギターリスト達が我々の楽器を使って演奏するコンサートの夕べを通じて...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:レオナルド・プラットナー(スペイン)

クラシック・ギター製作家:レオナルド・プラットナー(スペイン)
思い返してみると私は常にギターが好きでした。楽器として、また芸術作品としてです。十代でエレキギターを弾く様になったときから音楽は私の人生の最も重要な位置を占める様になりました。私が二十歳の時、音楽を演奏する事と平行して地元のギターショップで楽器の弦交換をする仕事...
カテゴリー

クラシック・ギター製作家:カルロス・フアン・ブスキエル(スペイン)

クラシック・ギター製作家:カルロス・フアン・ブスキエル(スペイン)
私はヴァイオリンと音楽教育の勉強をしました。実際、私は音楽の教師として9年間勤務しました、全くの独学で、2年間ヴァイオリン製作をしましたが、これを通して楽器製作の素晴らしい世界を発見する事に至りました。この経験の後、カディスでラファエル・ロペス・ポラスによるギター製作講習会に参加しました。その後...
カテゴリー

ギターの弦の種類・チューニング・補正方法について: ギター製作家ランツ・リッチフィールド(オーストラリア)さんとの対談

ギターの音に大きな影響を与える弦ですが、異なる材質・テンション・ゲージ等まさに多種多様です。今回はオーストラリアのギター製作家であるランツ・リッチフィールドさんとの弦や音程とその補正方法をテーマにした対談をお届けします。
カテゴリー