略歴

『聴く人の心に染み入り、真の感動を引き起こすためには欠かせない「詩情」の領域を識るギタリスト – 濱田滋朗, 音楽評論家

 

『諏訪氏の様式的多様性における才能はいかなるレパートリーも成功裏に演奏することを可能にしている – モンポウ財団、バルセローナ』

 

Kazu Suwaこと諏訪和慶はロンドンに拠点を置いて活動している日本人ギタリスト。

2015年にリリースされた22曲のスペインや南米の音楽が収録されたデビューCDアルバム『ギター・リサイタル』はレコード芸術誌で準特選版に選ばれると共に、音楽評論家を始め、スペイン政府設立のセルバンテス文化センターやロンドンのブラジル大使館を含めた世界中の多くの文化財団の長からその功績を認められる。(日本・スペイン・イギリス・アメリカ・イタリア・フランス・オーストリア・カナダ)

音楽評論家、濱田滋朗先生は『ロンドンに住む日本人ギタリト、KAZU SUWAこと諏訪和慶が神秘の領域とも呼べる、「詩情」への鍵を身につけている、まさしくその選ばれた一人であることを私は疑わない。(…)音色の用い方、間の取り方、テンポの伸縮や強弱の抑揚における、微妙かつ自然な呼吸…. すべてが、「詩情の領域」を識り抜き、それを拠りどころとする貴重な芸術家の技である。ギターという楽器は、そしてギタリストという芸術家は、このようであってほしい』と評された。

諏訪が最も敬愛している作曲家の一人であるスペイン・カタルーニャの作曲家フラダリーク(フェデリコ)・モンポウのピアノ曲数曲におけるギター編曲と録音に際してバルセローナのフラダーク・モンポウ財団は『Kazu Suwa氏は演奏家としての側面に加えて、注目すべき編曲の才能を兼ね備えた、正に最も広い意味での音楽家である。Suwa氏は真に忠実な編曲をされ、彼の巧妙な演奏とその音質によりギターという楽器を、各々のモンポウ作品の音楽的エッセンスを引き出す為の完璧な楽器に高めた事を強調したい』と評された。

 

諏訪和慶は幼少時より音楽愛好家である父親から音楽のひもとき(和声法・スコアリーディング・指揮法・オルガン奏法)を受ける。程なくして家族と共に過ごす音楽鑑賞が日常生活の重要な部分を占めることになる。

十代の半ば頃から指揮やオルガンを離れ、ピアノ、そして最終的にクラシックギターに専念する。ギターを芳志戸幹雄氏、氏の突然の逝去の後その高弟であった樹神功氏に師事。

日本大学芸術学部卒業後暫くしてスペイン留学を決意するまでの間、樹神功氏が主催する「プルソ・ア・プルソ」に参加する他、独奏をはじめ、ギター・チェンバロ・チェロ・ピアノ・リコーダー・フルートとの二重奏、弦楽との独奏協奏曲、声楽伴奏や合唱とのコラボレーション等様々な演奏活動を行う。

スペインではマドリッド王立音楽院でギターを専攻する。同時期、著名なマエストロ達によるギターやピアノのマスタークラスを数多く受講する。同音楽院を卒業後、スペインに留まり演奏活動や教授活動に専念する。

近年はイギリスのロンドンに拠点を移し、演奏・編曲・教授活動に従事している。

現在次のアルバム制作の準備に取り掛かっている。