フランシスコ・タレガ:マリエッタ(マズルカ)

フランシスコ・タレガ:マリエッタ(マズルカ)

今回はフランシスコ・タレガの名曲「マリエッタ - ギターの為のマズルカ (原題:¡MARIETA! - MAZURKA PARA GUITARRA)」 です。

​マリエッタ

タレガの作品には自分の子供達や親しい友人の名前を題名にしたり、その人格的特徴を彼等に寄せる愛情や親しみと共に音楽的に描写したりしたものが多くあります。それらの作品はしばしばタレガの親しい友人(生徒やパトロン)に献呈されています。

題名のマリエッタとは1885年9月13日にバルセローナで誕生したタレガの娘、マリーア・ロサリーア(María Rosalía)/通称マリエッタ(Marieta)のことで、この作品はタレガの親しい友人サンティアゴ・ジスベルト氏(Santiago Gisbert)に献呈されています。

 

タレガのマズルカ

前回の「フランシスコ・タレガ:アデリータ (マズルカ)」同様、ポーランドの民族音楽マズルカ(マズレク)に基づいている訳ではなく、ショパンが発展させたロマン派的で自由な「マズルカ」に影響を受けている事が、「レント」というテンポ指定(通常マズレクは遅くない)やマズルカの特徴的なリズムが不在な事からも推測出来ます。

ギャラリー: 

フランシスコ・タレガ マリエッタ(マズルカ)1 フランシスコ・タレガ マリエッタ(マズルカ)2

コメント

はじめまして。最近公務員を早期退職して昔かじったクラシックギターを再開した者です。昔よく練習したタルレガをもう一度さらおうと思ってインターネットで検索していたところこのブログにたどり着きました。マリエッタの由来、初めて知りました。素敵な演奏に耳を傾けていると当時の思い出やギターの音に対する情熱が蘇ってきました。有難うございました。

コメントありがとうございます。クラシックギターを再開されたとのこと、とてもうれしく思います。少しでもお役に立てる情報を共有できればと思いこのブログを始めましたので、もし何かのお役に立てたのであれば光栄です。これからもどうぞよろしくお願いします。

はじめてコメントします。演奏を聞いて本当に感動しました。ありがとうございました。

ギターファンさん、ご親切なコメントありがとうございます!励みになります。

コメントを追加