フラダリーク(フェデリコ)・モンポウ2:ギター作品(コンポステラ組曲他)

モンポウ コンポステラの講習会にて

前回の「フラダリーク(フェデリコ)・モンポウ - 1: 原点回帰・プリミティズム・鐘の音他」の続きです。

フラダリーク・モンポウはギター作品を3つ残しました。ギターの為に書かれた「コンポステラ組曲」と2つのギター編曲作品「歌と踊り第10番 — アルフォンソ10世による二つの聖母マリア頌歌から」と「歌と踊り第13番 — 歌:鳥の歌・踊り:腕の良い狩人」です。

 

コンポステラ組曲:

 

コンポステラ組曲」は1962年に作曲されアンドレス・セゴビアに献呈されています。I. 前奏曲・ II. コラール・III. 子守唄・IV. レチタチーボ・V. 歌・VI. ムニェイラの6つの楽章から成り、それぞれの楽章からスペイン北西部のガリシアにある歴史的な街「サンティアゴ・デ・コンポステラ」の情景を感じ取ることができます。

この組曲には、伝統的なスペインの雰囲気・古風な聖歌・モード音階や20世紀のモダンな和声・雨の滴るガリシアの街を連想させられるような部分や「ラ・ガイタ(バグパイプ)」を模倣した伝統的な踊りの雰囲気・モンポウの特徴的な「メタリック・コード(鐘の音の影響による)」等、様々な音楽様式やムードが見事に詰め込まれています。

モンポウは1958年から毎年14年間に渡ってサンティアゴ・デ・コンポステラの音楽の講習会で教鞭を執っていました。 

 

サンティアゴ・デ・コンポステラ

サンティアゴ・デ・コンポステラ

 

コンポステラの講習会にて、生徒達と教授陣

コンポステラの講習会にて、生徒達と教授陣

 

コンポステラの講習会にて、教授陣

コンポステラの講習会にて、教授陣

 


歌と踊り第10番 — アルフォンソ10世による二つの聖母マリア頌歌から:

歌と踊り」は15組からなるコレクションで、1918年から1972年まで55年間に渡ってピアノの為に単独に作曲された小品集です(例外として第13番はギターの為に、第15番はオルガンの為に作曲された)。それぞれの対は叙情的でゆっくりとした「歌」とそれに続く快活な「踊り」によって成り立っています。これらの殆どはカタルーニャ民謡の旋律を基に作曲されましたが、第3番の踊りと第5・6・11番のそれぞれ歌と踊りはモンポウが民謡風に作曲したオリジナルです。

 

この第10番は1953年にピアノの為に作曲され、その後ギターの為に編曲されたもので、カスティージャの王アルフォンソ10世 によって編纂された聖母マリア頌歌集の中の2曲の旋律が基になっています。「歌」には「Santa Maria, Strela do dia / Saint Mary, Star of the day (CSM 100)」 が、「踊り」には「Ben sab' a que pód' e val / The Lame Woman of Molina (CSM 179)」が使われています。 

 

ギターの為の歌と踊りの手稿譜:

モンポウ:ギターの為の歌と踊りの手稿譜 1

モンポウ:ギターの為の歌と踊りの手稿譜 2
モンポウ:ギターの為の歌と踊りの手稿譜 3

 

Santa Maria, Strela do diaの手稿譜​:

Santa Maria, Strela do diaの手稿譜​

 

聖母マリア頌歌集 (Cantigas de Santa María) :

聖母マリア頌歌集 (Cantigas de Santa María) は聖母マリアが起こした奇跡を詠った単旋律の歌を集めた物で定量記譜法とガリシア・ポルトガル語で書かれています。13世紀後半にカスティージャとレオンを治めていたアルフォンソ10世「賢王」の宮廷で作曲されたり、吟遊詩人達の歌を収集する事によって編纂されました。聖母マリア頌歌集は単に文集や奇跡集である以上に、中世の文学・音楽・芸術にとって非常に重要な文化的プロジェクトでした。

こちらの関連記事もどうぞ

 


歌と踊り第13番 — 歌:鳥の歌、踊り:腕の良い狩人:

1972年に作曲されナルシソ・イエペスに献呈されています。「鳥の歌」と「腕の良い狩人」は有名なカタルーニャ民謡です。

 


画像提供:フラダリーク・モンポウ財団のご厚意に感謝します。

コメント

久しぶりにフェデリコ・モムポーの名前を目にしました。コンポステラは大好きなんですが、他にもギター曲があったとは知りませんでした。自分でも結構モムポーについて知っているつもりだったのですが、こうして読んでみると知らない事ばかりですごく勉強になりました。サンプルの演奏がとっても綺麗。もっと聞きたいです。

コメント、それからブログの記事を閲覧して頂きありがとうございます。少しでもお役に立てたのならとても光栄です。これからも当ブログをよろしくおねがいします!