アルバム:Adivinanza de la guitarra(アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ)

Adivinanza de la guitarra(アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ):諏訪和慶(KSR002)

新しいアルバム「Adivinanza de la guitarra(アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ)」を2018年3月23日にリリースすることになりました。

このアルバムはルイス・デ・ミランとエンリケス・デ・バルデラバノによるルネサンス期ビウエラ作品を3曲、フェルナンド・ソルの古典作品1曲、エドヴァルド・グリーグによるロマン派ピアノ小品のギター編曲版を1曲、マヌエル・デ・ファリャやレジナルド・スミス・ブリンドルによる前衛的な作品を2曲、そして最後にアンヘル・バリオスによるアンダルシア民謡/フラメンコ・スタイルの作品を9曲収録しています。

この幅広い選曲はフェデリコ・ガルシーア・ロルカの詩「アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ(ギターのなぞなぞ)」の私的な解釈を象徴していて、ギターの美しさを様々な側面から探求するというものです。

 

ルイス・デ・ミラン:ファンタシーア 第8番

このアルバムはビウエラ曲3曲によって幕が開きます。心が落ち着き、色鮮やかで、時に瞑想的なビウエラ音楽はただ耳に優しいだけではなく、音楽を学ぶことで精神や知性を高めるという当時の演奏家たちの人生観が反映されています。

 

アンヘル・バリオス:アルハンブラの小川:エボカシオン

アンヘル・バリオス・フェルナンデス(1882–1964)はスペインはグラナダのギタリスト/作曲家です。バリオスの音楽は彼が愛するグラナダ、そしてアルハンブラ宮殿を五感で感じたものを音楽に表現したものと言えます。

聴き手を夢のようなグラナダの情景へいざなうアンヘル・バリオスの美しいギター音楽の中でも特に魅力的な作品を収録しました。

また、グラナダのアンヘル・バリオス研究の第一人者であるイスマエル・ラモス氏に執筆して頂いたライナーノーツには収録されたバリオス作品についての貴重な情報が提供されています。

ギャラリー: 

アルバム:Adivinanza de la guitarra(アディビナンサ・デ・ラ・ギターラ)

コメント

素晴らしい。リリース楽しみにしています。

コメントを追加